よくある質問

Q. iPadのバージョンやブラウザの種類を教えてください。

A.

iOS5.0以降に対応しております。
ブラウザはInternet Explorer8以降、Google Chrome(最新版)に対応しております。

Q. 製品の概要について教えてください。

A.

SecureDatabox
ビジネスシーンで使用するドキュメント(カタログ・パンフレット・マニュアル・画像・動画・提案資料等)を高セキュリティで守られたサーバーで管理・タブレットマシンで閲覧することができる企業向けペーパーレスサービスです。

SecureMeeting
会議で使用するドキュメントを高セキュリティで守られたサーバーで管理・タブレットマシンで閲覧することができる、会議利用に特化した企業向けペーパーレスサービスです。

Q. どんな機能がありますか?

A.

SecureDatabox
・クラウドによるドキュメント管理
・ドキュメントの閲覧権限設定
・各種ドキュメントの閲覧(PDF、Office文書、画像、動画)
・PDFの高速めくり
・ユーザー管理機能
・ログ管理機能
・オフライン利用

SecureMeeting
・クラウドによる会議資料管理
・会議情報登録
・会議資料の並行閲覧
・各種ドキュメントの閲覧(PDF、Office文書、画像、動画)
・PDFの高速めくり
・ユーザー管理機能
・ログ管理機能
・オフライン利用

Q. 対応しているファイルの形式は何ですか?

A.

pdf, doc, docx, xls, xlsx, ppt, pptx, bmp, jpeg, png, gif, mp4, m4vに対応しています。

Q. SecureDatabox、SecureMeetingのアプリはどこからダウンロードしますか?

A.

iPad用アプリケーションが、AppStoreより無料でダウンロードできます。

SecureDatabox
Appleストア
SecureMeeting
Appleストア

Q. アプリ上でドキュメントの編集はできますか?

A.

ドキュメントは参照のみ可能です。
ただし今後のアップデートで、付箋機能(メモ付き)を追加する予定です。

Q. 社内では社内LAN、社外ではVPNでの接続を想定しているが可能でしょうか?

A.

可能です。
別途、タブレットOS側の設定が必要になります。詳しくはサポートまでお電話下さい。

Q. AndroidOSやWindowsOSへは対応していますか?

A.

現状はiOSのみ対応可能です。
他OSへのご利用については別途ご相談下さい。

Q. PDFの自動変換機能は搭載されていますか?

A.

サーバー側で専用ソフトウェアを入れることにより可能となります。
その場合、オンプレミス型でご契約して頂く必要があります。



ページトップ